娘と久しぶりに実家へ行きました。

先日、1ヶ月ぶりに娘を連れて実家に帰りました。

最近娘が声を出すことの楽しさを覚えたようで、外でも大きな声を出してしまいます。

なので公共交通機関を使って帰るのに少し抵抗があり、主人がいる土曜日に車で送ってもらう予定でした。

しかし前日に急遽仕事の予定が入ってしまい、結局電車で実家に帰って帰ることになりました。

帰省当日、早めに抱っこ紐を装着し娘が寝付いてから出掛けようとしたのですが、娘は周りをキョロキョロするばかりで全く寝る気配がありません(笑)

仕方ないので起きたままの状態で出掛けることにしました。

最初に乗ったバスでは娘はとても大人しく一安心。

このまま電車でも大人しくしてくれたらなぁと思っていたのですが、やはりバスを降りた瞬間大きな声を出し始めました。

道の端に寄り、娘をあやしながら何とか声を制そうと試みたのですが興奮状態の娘はご機嫌で奇声を発すばかり…。

仕方ないので思い切ってそのまま電車に乗ってみました。

すると、景色が変わったせいかピタッと声を出さなくなって不思議そうに天井を見つめています。

このまま最寄駅まで行ければとハラハラしながら様子を見ていると、娘はしばらく天井を見つめた後コテッと寝てしまいました。

我が子ながら本当に賢い子です(笑)

こうして何とか無事に実家に辿り着くことができました。

しかし、まだ判断がつかない赤ちゃんが楽しそうに声を出しているのを抑えてしまうのは可哀想ですね。

他の人の迷惑になるからと必死になってやめさせようとしましたが周りの方は優しい方が多く、改札口付近で大きな声を出す娘に「お話し上手ね?」「大きな声出して元気ね?」と何人も声をかけてくださってとても嬉しかったです。

こういった親切な方がいると赤ちゃんを連れて外出するのも楽しくなりますよね。

実家に着いてから目が覚めた娘は、またご機嫌な様子で大きな声を出していたので今度は「上手にお話できるね?」「大きな声が出せてすごいね?」と思う存分に褒めてあげる母なのでした。